ラクに元気なバラづくり
2/12

1かっちゃく活着植え付け・植え替えた植物が根付いて生長し始めること最初が肝心。まず活着させる花色、花型、香り。どんな花が咲くのだろう…。カタログや雑誌の写真で見た花の苗を手にしたとき、期待感は高まります。その反面、ほんとうに育つのだろうか、という不安も。バラ栽培の第一歩、それは苗を植え付けるとき。ここでちゃんと「活着」させておけば、根が伸び、芽を吹いて、枝を伸ばし、蕾を付け、花を咲かせます。メネデールの力を借りてラクに、元気にバラ栽培バラを根付かせより良く生長させるために――。バラの生長の仕組みをよく理解していて、栽培の基礎が出来ていればまず、不安はありません。しかし初心者のうちは、よく分からないことによる不安がたくさんあります。バラ栽培のベテランでも同じ。植物栽培はまず良い苗を求めることが基本。しかし購入する時期によってもブランドによっても販売される苗の状態がさまざまになってきていて、同じような管理ではうまくいかないこともあります。バラをまず根付かせて、水分や栄養分を吸収できるようにすること。どんな状態の苗でも、植物活力素メネデールを植え付け時に、そして植え替え時に使うと活着が安心で、アトがラクです。さらに生長期にも使うとバラが元気に育ち、弱ったときに使うと元気を取り戻します。ハイブリッド・ティー‘エリナ’

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 2

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です