活力素 メネデール 家庭園芸での活用法

  • まき床をメネデール100倍液で湿らせてから種をまきます。種まき直後にもメネデール100倍液で水やりをし、その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。まく前に水に浸すことを推奨されている種の場合は、メネデール100倍液に浸してからまきます。球根に関しても同様です。

  • 植え込んだ後、メネデール100倍液で水やりをします。その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。

  • 植え付け前にメネデール100倍液に浸すか、植え込み直後にメネデール100倍液で水やりをします。その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。

  • 小さな苗木の場合は、メネデール100倍液に2〜3時間浸けてから植え付けます。大きな苗木の場合は、植え付け後にメネデール100倍液で水やりをします。その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。標準施用量は、根鉢容量の約10%量。根鉢容量が不明の場合は、樹幹注入液の標準施用量に準じます。

  • さし穂をメネデール100倍液に浸けてから、さし床にさします。草本性は30分以上、木本性は2〜3時間浸けて下さい。その後、根付くまでは、2〜3日ごとにメネデール100倍液を与えて下さい。

  • 花瓶の水にメネデールを適度
    (100倍液が目安)に加えます。

  • 花苗・野菜苗同様、植え込んだ後、メネデール100倍液で水やりをします。その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。日常管理では葉面散布も効果的です。

  • 根回りを軽く掘り、メネデール100倍液をかん注します。週に1度程度、約1ヶ月続けて下さい。標準施用量は、根鉢容量の約10%量。(例:根鉢容量1,000L=メネデール100倍液100L=メネデール原液1L)根鉢容量が不明の場合は、樹幹注入液の標準施用量に準じます。

  • 通常は週に1度程度、メネデール100倍液で水やりをするか、霧吹きなどに入れてスプレーします。鉢植えで弱りが激しい時は、鉢のまま数時間メネデール100倍液に浸しておくと効果的です。